スポンサーリンク




バンブー航空321Neoの座席、ビジネスクラスを紹介!機内Wifiも【バンブーエアウェイズ】

スポンサーリンク







この記事では2019年1月16日より初就航となったバンブー航空のエコノミークラスの座席とビジネスクラスの座席の様子や、

機内のエンターテイメントがどのようになっているのか、お伝えしていきます。

バンブー航空の座席についてエコノミービジネスクラスの紹介

バンブー航空の利用する機材であるエアバスA321neoには座席が全部で204席があり、粉のうち8席がビジネスクラス、残りの196席がエコノミークラスとなっています。

ビジネスクラスを用意しているのはベトナム国内ではベトナム航空についで2つ目の航空会社になります。

▼バンブー航空のエコノミークラス席

▼バンブー航空のビジネスクラス席

Danviet

バンブー航空の機内はWifi完備で機内エンターテイメントが楽しめます

バンブー航空では機内でWifiを使った映画プログラムを提供しています。これはベトナム国内では初となり、日本でも未だ実施されていない新しいプログラムとなっています。

旅客はスマートフォン、タブレット、ラップトップなどの個人用PCでエンターテイメントが体験できる様になっています。機内エンターテイメントはTVと音楽も含まれるとのことでこの新しいサービスはベトナム国内でも高く評価されているとのことです。

また同社は現在使用しているA321NEOの他にボーイング社から787-9 Dreamlinerも納入予定とのこと。

バンブー航空は5スターのサービスを目指してフライトアテンダントの接客サービスにも力を入れており、今後はサービス向上にも力を入れていくとのことでベトナムの空の競争はいよいよ戦国時代となって来るのかも知れませんね。

 

 

お得に航空券を買う秘密

最安の航空券を探すにはスカイスキャナーが便利。わたしも結局いつもここを使っています。

スカイスキャナーなら全ての航空会社の運賃が確認できますので、出発日の日程でどこのアライアンスが一番安いか一目で確認できるのが良いところ。

でも、格安ツアーの方がホテル代込みの価格で、チケットのみを買うより安いことがあるので、先にスカイスキャナーで出発日の最安運賃を検索しておいてから、ホテルと航空券がセットになった格安航空券DeNAトラベルで、格安ツアーチケットの料金がいくらになるかを調べ、安い方を選択するのが効率的です。場合によっては自分でホテル手配をするより安いことがありますので、念のために価格のみをチェックしておきましょう。

航空会社やホテルを決める際には、やっぱり最新の口コミも気になりますので、直近で変なトラブルがなかったどうかをTripAdvisorで一応チェックしておきましょう。

自分でホテルを手配する場合は、ホテルの宿泊費は時期により大きく異なりますので、正確な宿泊代金が知りたい場合には、下記リンク先から日付を入れるだけでチェックすることが出来ますよ。

あらかじめ旅行日の宿泊料金を前もって比較するためにも見ておいた方が便利でしょう。

スカイスキャナー経由でホテルの料金を確認
【海外ホテル3万軒】空室情報がすぐわかる!海外の宿探しはDeNAトラベル

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です