スポンサーリンク




【まさか私が…】ベトジェットエアは超厳しい?機内持込手荷物の重量【スーツケースのサイズ】

スポンサーリンク







皆さんはベトナムに来るときはどの航空会社を利用していますか?

やはり日系のANAやJALを使ってベトナムに来る方は多いようです。

その一方で最近は「ベトジェット」を利用してベトナムに渡航される方が増えています。理由は安いから!

ベトジェットは日本国内では現在東京成田便、関空便が運航しており今後は名古屋や福岡などの地方空港にも就航予定とのことで「ベトジェット=お得」という図式が完成しつつあるようです。

まず最初にベトジェット=LCC(格安航空会社)に乗る際に皆さんは全てのサービスがオプションであることに気づくはず。

例えばベトジェットでは以下のサービスが有料です。

  • 座席指定
  • 預け荷物
  • 機内食、ドリンク
  • 保険

ですから名前の通り格安で行くためにはこれらのオプションのサービスを削る必要があります。

何といっても機内食も高い(770円くらい)割にはクオリティーはあまり高くありませんので私は空港内での食事をお勧めしております。

》最悪?ベトジェットの機内食が写真と全然違う!?実物はこのレベルです。

まず削るべき予算は「預け荷物」です。

これは全てを機内持ち込みにすることで節約できます。

それでは実際にベトジェットエアでは何キロまで持ち込みOKなのかを見ていきましょう。

ベトジェットエアのウェブサイトより機内持ち込み制限を確認

ベトジェットには2つの座席クラスがあります。(エコとスカイボス)

ここでは一般的な座席クラスであるECOに絞って機内持ち込み重量制限を調べてみました。

ベトジェットエアの機内持ち込み重量制限
7kgまで無料 それ以上は有料となり機内に持ち込み出来ないので、預け荷物扱いとなる。

もし7㎏を超えてしまったらどうすればいいか?

それは身に着けてしまえばOKです。小さなお土産屋やポシェットは頑張ってポケットや服の中に押し込みましょう。これで機内持ち込み手荷物にはカウントされません。

ズボンやシャツは重ね着でOK、ノートパソコンはお中にしまいましょう。これで2kgくらいは節約できますよ。

詳しい重量が測りたい方はこちらのラゲージチェッカーで1g単位まで測りましょう。

このラゲージチェッカーは重さがわずか104gですので渡航先に持って行って帰りの便の際にもしっかりチェックすればドキドキしなくともチェックインできちゃいます。

 

お得に航空券を買う秘密

最安の航空券を探すにはスカイスキャナーが便利。わたしも結局いつもここを使っています。

スカイスキャナーなら全ての航空会社の運賃が確認できますので、出発日の日程でどこのアライアンスが一番安いか一目で確認できるのが良いところ。

でも、格安ツアーの方がホテル代込みの価格で、チケットのみを買うより安いことがあるので、先にスカイスキャナーで出発日の最安運賃を検索しておいてから、ホテルと航空券がセットになった格安航空券DeNAトラベルで、格安ツアーチケットの料金がいくらになるかを調べ、安い方を選択するのが効率的です。場合によっては自分でホテル手配をするより安いことがありますので、念のために価格のみをチェックしておきましょう。

航空会社やホテルを決める際には、やっぱり最新の口コミも気になりますので、直近で変なトラブルがなかったどうかをTripAdvisorで一応チェックしておきましょう。

自分でホテルを手配する場合は、ホテルの宿泊費は時期により大きく異なりますので、正確な宿泊代金が知りたい場合には、下記リンク先から日付を入れるだけでチェックすることが出来ますよ。

あらかじめ旅行日の宿泊料金を前もって比較するためにも見ておいた方が便利でしょう。

スカイスキャナー経由でホテルの料金を確認
【海外ホテル3万軒】空室情報がすぐわかる!海外の宿探しはDeNAトラベル

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です