スポンサーリンク




【知らなきゃ損!】ベトナム航空の荷物が何個でも無料の裏技!電話で確認済みの秘密の預けテクニック

スポンサーリンク







ベトナム航空を利用の際に預け荷物が何個でも預けられるのをご存知でしょうか?

先日ベトナム航空を利用の際に電話で確認したところ、「制限重量内であればスーツケースは何個でもOK」との回答を頂いたのでこの記事では「預け荷物は何個でもOK」について詳しくお伝えしていきます。

ベトナム航空の預け荷物は制限内ならスーツケース何個でもOK

まずはベトナム航空のHPを確認してみましょう。

ベトナム航空

下から二番目の日本便について、エコノミークラスでも40㎏まで預け荷物が無料と記載されています。これは日本便には大型のエアバスA350–900機を投入しているためで、他のアジア便で利用しているA321機よりも荷物スペースが多いため容量に余裕があるからです。

そして(※)の注釈マークがあります。このページの下部の注釈にはこのように書かれています。

(*) 荷物1個あたりの最大サイズは縦・横・高さの合計が203cm、最大重量は32kgです。規定を超える荷物はお預かりできません。規定内サイズかつ上記無料受託手荷物範囲内重量で1個32kgを超える荷物は、2個以上に分割してください。

ここで「2個以上」という言葉にピンときた方、流石です!その通り、2個以上ということは3個でも4個でもOKという意味なのです。

私は実際にこの個数制限についてベトナム航空の日本支社に電話で尋ねてみましたら

「エコノミークラスで40㎏以内であれば、荷物のサイズ内で、1つの荷物が32㎏以下である限り、何個でもOKです」

と実際に中の人も2個以上についてOKとサクッと答えてくれました。もちろん当日私のスーツケースは3つでしたが、普通に預け荷物で無料で預かってくれましたよ。

このことを知っている方は少ないようで、実際にチェックインカウンターではほとんどの人がスーツケースを一つ預けているようでした。

この裏技を知っている人はまだまだ少ないので友人や家族旅行の際にはこの秘密を話せば周りの方には喜ばれること請け合いです!

ベトナム航空の他のアジア便の荷物ではどうか?

上に掲載したグラフを見てもわかるように(※)注釈が乗っているのは日本便のみです。つまり他のアジア便(韓国、中国、ラオス等)では預け荷物は以下のようになります

他のアジア域便の無料受託手荷物の許容量
エコノミークラス:最大20キロの荷物1個+手荷物1個

残念ですが、他のアジア域便では受託手荷物の裏技は使えません。

やはり大型機であるエアバスA350-900機、ボーイング787機の導入のある日本便のみで使える裏技なのです。

 

お得に航空券を買う秘密

最安の航空券を探すにはスカイスキャナーが便利。わたしも結局いつもここを使っています。

スカイスキャナーなら全ての航空会社の運賃が確認できますので、出発日の日程でどこのアライアンスが一番安いか一目で確認できるのが良いところ。

でも、格安ツアーの方がホテル代込みの価格で、チケットのみを買うより安いことがあるので、先にスカイスキャナーで出発日の最安運賃を検索しておいてから、ホテルと航空券がセットになった格安航空券DeNAトラベルで、格安ツアーチケットの料金がいくらになるかを調べ、安い方を選択するのが効率的です。場合によっては自分でホテル手配をするより安いことがありますので、念のために価格のみをチェックしておきましょう。

航空会社やホテルを決める際には、やっぱり最新の口コミも気になりますので、直近で変なトラブルがなかったどうかをTripAdvisorで一応チェックしておきましょう。

自分でホテルを手配する場合は、ホテルの宿泊費は時期により大きく異なりますので、正確な宿泊代金が知りたい場合には、下記リンク先から日付を入れるだけでチェックすることが出来ますよ。

あらかじめ旅行日の宿泊料金を前もって比較するためにも見ておいた方が便利でしょう。

スカイスキャナー経由でホテルの料金を確認
【海外ホテル3万軒】空室情報がすぐわかる!海外の宿探しはDeNAトラベル

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です